業務案内

初めて税理士にご相談される方へ

我々税理士事務所の使命は、税金というものに対して納税者の皆様にわかりやすい説明を行うことであり、安心して税務手続きや経営を進めていただくことにあると考えています。
しかし、はじめて税理士に相談される方にとって税理士事務所の門をたたくことは非常にハードルの高いことであるという声を頂戴します。
我々としては大変心苦しい限りですが、どのような相談であっても誠実に対応いたしますので安心してご相談ください。

お客様の声

税理士事務所って敷居が高く感じてしまい、なかなか相談に踏み切れなかった。
私自身がまだまだ若輩の身です。けっして敷居が高いようなことはありません。
当事務所ホームページからお問い合わせ頂きましたが、面談にてご説明させていただき、ご契約いただいております。

よくあるご質問

谷税理士事務所はどのようなことをしてくれるのでしょうか。
お客様の状況に応じてサービスを提供させていただいておりますが、主に以下のような業務を提供しております。
税務会計業務
確定申告業務
相続税申告、贈与税対策
会社設立支援
・その他付随業務
詳しくは各業務案内をご覧ください。
報酬はどの程度でしょうか?
はじめてお問い合わせ頂く場合、報酬については非常に気になる部分と思われます。
基本的に、会社の場合は「業種・規模・訪問頻度・付随業務(記帳代行や年末調整)」などを考慮してお見積りさせていただいております。
ご納得頂かない限り契約を進めるようなことはいたしません。
是非一度ご相談ください。
何から聞いていいのかわからないのですが。
また、初歩的なことでも良いですか?
はじめて税理士に相談される方にとって何から説明するべきなのかはご本人にとって難しいことであると思います。
メールで結構ですのでご相談ください。
報酬をいただかなければならない質問内容であれば、必ずその旨をお知らせしたうえで進めます。安心してご相談ください。
税務署と税理士ってどう違うのですか?
税理士は、皆様の代理人として税務申告書の作成や提出を行います。税務署は税務調査などで会社の処理が適正かどうかを調査する側であり、税理士は納税者の側に立って税務調査などに対応します。
税務調査といっても常に全面対決というわけではありません。基本的には会社が誠実に対応すれば税務署側も誠実に対応していただけます。ときに「見解の相違」が発生した場合には我々が納税者の代わりに税務署に説明することもあります。
このように税務調査や普段の税務手続きが円滑に進むように納税者と税務署の間に入るのが我々税理士です。